上野かんじ 献金について

~はじめに~

上野かんじは、クリーンな政治を目指して、企業・団体献金を一切受け取らず活動を行っております。

企業・団体献金を受け取れば、献金した企業や団体に対して何らかの偏りが生まれる恐れがあります。

政治は、「公明正大」・「主権在民」・「一票平等」の観点から行われるべきです。

上野かんじは、皆様からの個人献金によって、草の根の政治活動を行ってまいります。

いただいた個人献金は、その金額の大小ではなく、皆さまのお気持ちとして感謝とともに頂戴し、健全な政治活動にきちんと活かしていくことをお約束いたします。

 

~献金の仕組み~

政治家への支援方法として、個人献金として寄付を行うことができます。上野かんじ後援会への個人献金は寄付金控除の対象です。

また政治資金会計においても、私たち政治家は皆さまの手本となるべき職業であることを十分に理解し、透明性をもった公開・処理を行っていきます。

 

【個人献金は、税制上の優遇措置があります。(所得控除)】

献金した金額が、年間2,000円を超えた場合、確定申告で所定の手続きをすることにより、納めた所得税から献金額の一部が還付されます。

所得控除額 = 次の 1 または 2 のいずれか低い方の金額 - 2,000円

1. その年中に※寄附した合計額(※他の団体などとの合算)

2. その年分の所得金額の合計額の40%

 

【寄附に関するご留意点】

・政治資金規正法により、外国籍の方からの献金、および、匿名での献金は禁止されております。

・同一の後援会に対する個人献金の年度限度額は、150万円です。

・個人献金をされると、税控除の対象となり、納めた税金の一部が還付されます。

・政治資金規正法により、年間 50,000 円を超えた額を寄付されますと、住所・氏名・金額・職業・寄附をした日付が選挙管理委員会宛の収支報告に掲載、開示されます。また、税控除を受けられる方につきましては寄付金額にかかわらず、収支報告書に掲載、開示されます。

 

Submitting Form...

The server encountered an error.

Form received.

◆個人献金の際には、税制上の優遇措置があります。(所得控除)

献金して頂いた金額が、年間2,000円を超えた場合、確定申告で所定の手続きをすることにより、納めた所得税から献金額の一部が還付されます。

※平成22年より、寄付金控除の適用下限額が2,000円に引き下げられました。

 (改正前 5,000円)

©️上野かんじ 2020

©️上野かんじ 2020